FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M4にV4の拡張モーフを入れてみる

M4とV4ってモーフ互換なのかなあと思っていたら、案の定というか頂点数も切り分けも同じみたいですな。
何故かUVは大幅にというか全くテクスチャを共用できない程度にずれていたりするのだけど、なんでテクスチャ互換じゃないのかはあまり深い詮索をしないでおきます。
下司な勘繰りになりそうだし。(^^;

V4とテクスチャ互換にする方法について、T2さんがご自身のブログで詳しく紹介されていました。
(トラックバックを産まれて初めてやってみようとしたのですが、うまくいきませんでした^^;)
私も(フリーのクラシックですが)早速やってみましたヽ(´ー`)ノ
ありがたや~。

ついでにV4用の拡張モーフを組み込むようにカスタマイズしてみたので、ちょっとやり方について書いてみます。※フィギュア改造は危険と隣り合わせです(V4系は特に)。やってみようという方はくれぐれも自己責任でお願いいたします。

まず作業用に別のフォルダを用意しましょう。



V4及びM4をインストールしたランタイムの\runtime\libraries\!DAZフォルダを開いて"Michael 4"と"Victoria 4"の2つのフォルダを作業用フォルダにコピーします(移動では無くコピー)
フォルダのコピー

両フォルダ内のパーツ名のサブフォルダとその中身以外は作業に使わないので削除します。(Deltasフォルダと直下にあるファイルを削除)



Victoria4フォルダから必要なファイルを抽出するわけですが、大量のサブフォルダからいちいち探していたらとても面倒なので、逆に不必要なファイルを削除してしまいます。

ファイル名に含まれるPe069、mr258などの製品番号で不必要なファイルを選別できます
それぞれの製品番号に対応するモーフは以下の通りです

Pe069 :Base

Pe070 :Morphs++

Pe072 :Elite

Pe073 :Aiko4

mr258 :Creature Morphs

mr259 :Muscle Morphs


私はBaseとMorphs++はM4のモーフと名前がバッティングしてしまいそうなので削除してしまうことにしました。
作業用のVictoria 4フォルダを右クリック→検索で、Pe069が含まれるファイル名を検索します。
検索→削除
ctrl+Aで全選択して削除します。
Pe070(Morphs++)も同様に削除します。



追加しないモーフ用のファイルを削除したら、作業用の"Victoria 4"フォルダの中身を作業用の"Michael 4"フォルダの中へ上書きコピーします。



作業用の"Michael 4"フォルダ名を任意の名前に変更します。
私は"Michael 4C1"という名前にしました。CはCustomのCです(^^;



名前を変更したフォルダをコピー元の\runtime\libraries\!DAZに置きます
フォルダを戻す

次にバッチファイルを作成します。
!DAZフォルダ直下の"DzCreateExPFiles-M4.bat"をテキストエディタで開きます。

バッチファイルにはDzCreateExPFiles "Michael 4" "M4"と記述されています。
左の"Michael 4"はイニシャライズが行われるフォルダ名です(DzCreateExPFiles.exeと同じディレクトリにあるフォルダが対象です)。
こちらは先ほど変更したカスタム用フォルダの名前に書き換えます。
右の"M4"はちょっと確認してないのですが、更新するファイル名に含まれる文字列かなと思います。
更新(削除したので新たに生成されますが)を行うファイルが違う名前になると面倒なことになるのでこちらは変更しません。
バッチファイル作成



書き換えたバッチファイルを別の名前で保存→実行してイニシャライズします。
カスタム用フォルダの中を見てみるとファイルが生成されたのが確認できます。
イニシャライズ実行
これで\runtime\libraries\!DAZでの作業は終了です。
次にCR2を書き換えます。

M4をインストールしたcharacterフォルダのMichael 4.cr2をコピーして任意の名前をつけます。



コピーしたMichael 4のCR2をテキストエディタで開いて\runtime\libraries\!DAZ\Michael 4の参照パスをカスタム用フォルダに書き換えます。

CR2の変更1

全置き換えでOKですが、一カ所のみ、InjDeltas.M4BaseAll.pz2の参照先だけは元のディレクトリからなので、記述をreadScript ":Runtime:libraries:!DAZ:Michael 4:Deltas:InjDeltas.M4BaseAll.pz2"に戻します。(CR2Builderで開いてツリーが折りたたまれた状態だと、一番下なのですぐ見つかると思います。)

CR2の変更2

以上で作業は終わりです。いざ行程を書いてみるとなんだかやたら長く感じますが作業自体は10分もかからないかも…。

パラメータパレット
成功していたらパラメータパレットはこんな感じに。モーフはポーズカテゴリにあるV4用のモーフインジェクションで入れます。

試しにA4を適用してみた。

えむふぉええふぉ

Hiro4がこんなんだったら嫌すぎかも(笑)
なんだか花輪和一先生のマンガに出てきそうな顔に見えなくも…(^^;

えむふぉええふぉりある

A4Realsticだとこんな感じ。なんか感じ悪いですね(ノ∀`)
眉が無いからかな…。
全体的にボディモーフは胸の部分がツライ感じですが、
クリーチャーモーフのヘッド用はそれなりに使えそうです。(人外キャラ作りたい人には(^^;)
というかそれ以外はあまり使い道が無さそうな気も…。

えむふぉぞんびぃ

そんな感じでZOMBIEモーフです。
あまりM4でやる必要性を感じないような気もしますが…
テクスチャはD3、SP3用のアンデッドテクスチャをTC2でコンバートしたやつです。

うむむ、今回は(も?)MACの方には役に立たないような記事になってしまったかもです
すみません(^^;
スポンサーサイト

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

試してみたらうまくいきました~^^
ナイスな情報ありがとうです。

ちなみに、RDNAの「V4 Ultra Morphs 2」も
あっさりINJできたので、M4の顔作りをラクに
できそうです^^

e-241Manihoniさん
もしかして、もしかしたら、いまいち使い道がなさそうな情報かも(^^;と思ってたのでお役に立ててよかったです。
V4 Ultra Morphs 2は配布キャラに使えるマーチャントリソースバージョンもあるんですねー
いろいろ用途が広がりそうです。(付属のPythonにも興味が…)

それからA4キャラの完成おめでとうございます。
ブログ拝見しましたがカワイイのは勿論ですが、リアルな方向とアニメな方向のバランスが半端なくとれてる印象です。
その辺りがAIKOは(造形、お肌さらには服や髪等とのマッチングも考えると)なんだかとてもムズそうですので、恐らく想像以上の労力を注がれたのではと思います。
大ヒットすると良いですな~というか私が言うまでもなくバカ売れしそうな予感ですが(笑)
プロフィール

aremar

Author:aremar
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。