スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つめの修正モーフ

 先日、V4の爪のテクスを弄っていて、透明度をあげると変なシミが出ることに気づいた。
 割と大きいシミだし色も濃いし、なんつーか指をピアノの蓋に挟んで出来た血溜まりみたいにみえるので、こりゃあかんと思ってテクスチャを見直したりしてみたのだが、どうやらポリゴンの爪部分のせいだと気づいた。
 V4の爪は結構厚みがあって、裏側にも面が貼ってある。(この辺は伸ばしたりするモーフの為だろう。)
その裏側のポリゴンが指にめり込んでるところが染みになるのかなあと思ったが、モデラで引っぺがして(^^;)調べてみたら、逆に肉に食い込んで隠れて"いない"部分が色濃く出てしまうようだ。
V4.1でジオメトリの修正があったので直ったかなあと思ったのだが、爪の透明度を上げると、ご覧の通り。
プチグロ注意?

みるからに痛々しい感じである。
 他のV4キャラを調べてみたら私の手持ちのキャラは全て(デフォルトのマテリアルを含め)爪に透明度が設定されてない(あまりキャラ持ってませんが。^^;)。
透明度上げた方が爪っぽくなるのになァと思ったのでモーフで対処してみることにした。
医者はどこだ?しりつしてください。

こういう作業は面を一時的に隠せるhexagonの方が良いかなと思いhexagonで作業。
なんとかうまくいったようでした。
透明度0.2でこのような具合。
肌がいまいちかもしれない

微妙に白っぽい気がするが。ところで爪の白っぽい人は貧血気味→朝が弱いみたいですよ。
 そういうわけで読み返してみると、どうでもいいというかどうってことない作業なんだけど、おそらく、製品を見ても気づいてくださる方が少ないかもしれないなあと思ったので、くやしくて書いてしまった。(ノ∀`)
ついでに4月は記事自体少なめなので埋めたかったしd(^-^)ネ!。ということで来月はなるべくなら、もっと頻繁に更新したいなあと思う。
思うだけでは片思いのままなので、この気持ちを最後にブログにしたためて書いてみました。(。-_-。)ポッ
スポンサーサイト

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

Victoria 4.1

いろいろ調べることが増えるし面倒くさいなあと思っていたが、避けては通れないのでV4をV4.1にアップデートした。
 objが新しくなってはいるがV4用に作ったモーフはそのまま使えるのでとりあえずは一安心。
 一番の相違点はモーフをCR2に格納せず、パーツごとに記述したスクリプトで、ロード時に読み込むようになったことだろう。
 そのためCR2は1.22MBとかなり軽量化されているが、私の環境ではロードがかなり遅くなった。(外部Runtimeで使用しているからかもしれない)
 メリットがよくわからないが、拡張モーフをインストールする際、定位置にある!DAZフォルダ内のスクリプトを更新すればCR2を書き換えないでもアップデートできるので、
ユーザーがライブラリ内でV4を移動させていても大丈夫。ということだろうか。
 その為かV4ではBaseとモーフ内蔵のフルバージョンに分かれていたが4.1ではCR2がひとつになった。
 CR2を編集して軽量化など、カスタマイズするユーザーさんにはおそらく今回のアップデートは不評であろう。(うーん少数派なのかな(^^;)
モーフを編集するにはPoserでセーブ仕直せばいいのだが、それはそれでけっこう不具合がありそうだ(マグネットゾーンが見えるようになったり)
 前バージョンのV4は上書きされずそのまま残るのだが、新規に購入したユーザーは4.1しか無いわけだし、なんか今回のアップデートはDAZに「お前等勝手に中弄るなYO!」と言われてるような、そんな気持ちになりました。(若干被害妄想気味)
 あとは最初からサンプルテクス(何故か着衣バージョン)が貼られるようになった。

年齢設定が高くなったような気がしたりして


 紫の下着は好みがわかれそうな気がする。
ついでに、CR2のサムネも前の方が良かったと思う。
 ポーズ集などのサムネも着衣になっていたりと(pz2の方は同じファイル)かなりどうでもよい変更もあった。

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

自分用V4マテリアルメモ`∀´)φ

肌を若干色調調整。
 印刷物の女の子の写真を参考に調整していたのだが、モニタのキャリブレーションが拙いのか、CRT上でみる東洋人の写真と比べてもマッキッキーな感じがしたので若干赤寄りに。
 睫毛のトランスマップも描いてみた。
リテイクしたものか迷うところ

睫毛は寄せ集めて三角形っぽくしてるのが昨今の睫毛メイク事情らしいので、そのようにしようとしたが、なんだかうまく反映されてない。orz
 睫毛を寄せ集めるのは万有引力に負けないようにカールを維持するためだろうか。
毛利元就の三本の矢の故事を思い出したりして。
どうでもよいがあの話って矢を3本束ねれば折れにくいことぐらい実演してみせんとわからんのかいと、子供の頃思いました。いまでもそー思うけど(^^;
下睫毛は好みで直毛気味に描いてみた。
V4の搭載睫毛モーフで調整してみて、また描き直すかはそれから考えてみようと思う。

V4の30(多いよね(^^;)のマテリアル名の頭には1~7まで番号が振られていて、同じ番号のマテリアルは同じテクスチャを使うようになっているのでちょっとはわかりやすい。
それぞれの番号は
1.顔の皮膚(唇を含む)
2.胴体、後頭部及び、耳
3.腕~手、脚~足、爪
4.舌、歯
5.眼球
6.睫毛(トランスマップだけで良いと思う。)
7. 涙(目の下にじんわりとある。マテリアルで透明に設定すればよいのでテクスチャは特にいらないと思う)
となっている。
バンプやスペキュラマップを加えると1つのキャラで10枚以上は使われてるのかな...。
4000x4000のキャラがメモリをもりもり喰うのもわかる気がする。

こーやって書き出してみてもあとどれだけ作業が残っているかいまいちつかめないような…。
片っ端から片付けていくしかないかなあ。
ということでリリースがいつになるやらさっぱりわかりませんです。(ノД`)
髪の方が手間かかりそうだしなあ

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

メーキャップ地獄

 キャラ作りはどういう段階を踏めばよいのかよくわからないが、とりあえずメイクをしてみた。
適当メイク

面白そうなことから片付けていってる感があるので、後でいろいろ面倒なことになりそうではある。
 参考文献はブックオフで買ったヘアカタログのオマケのような記事。
あまりケバい化粧は似合わなさそう(というか面倒だし^^;)なのでアイライナーと口紅とチーク(今日覚えた(笑))だけにとどめておいた。
 かなり適当メイクで恥ずかしいがメーキャップアーティストという職業があるぐらいだし、メイクって恐ろしく奥が深いものだろうなあとは思う。
ボリス・カーロフもフランケンシュタインのメイクに半日ぐらいかけたっていうしナァ(なんか自分でもツッコミようがないような事をいってしまった気がする。(ノ∀`))
 子供キャラのようになってしまったのでメイク覚え立てのオボコ娘が小学館のプチレディーおしゃれ入門見ながら頑張ってみました的なメイクでも、まあ良いだろう。d(^-^)ネ!(ご都合主義だナァ^^;)
メイク顔は三種類ぐらいつくろうかなあとは思っています。
 
 睫毛がそのままだったので、これは自分でトランスマップを描いてみようと思っている。
そのためにテンプレから色分けガイドを作ってみた。
色分けガイド

それぞれの位置はこのようになっている。
睫毛色分け。

ここにこーやって画像を上げておくと自分で見られて便利だナァ(^▽^*)
そういえばここんとこ毎日のようにブログ更新してるような。
エラいぞ自分。
つーか新しいことやってるので、いろいろ覚えるためにここに書いて反芻してるんですね自分。ウシみたいに(^^;

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

マテリアル地獄

マテリアル調整が難航。
費やされるのは殆ど作業時間ではなくレンダ時間である。
 V4の標準(なのかな?)マテリアルなぞ見てみたりすると難解(私にとっては(^^;))そのものでマテリアル関係のスキルの無さを痛感。
いじるのも殆どマニュアル首っ引き、ではあるがPOSERのマニュアルってなんであんなに判りにくい訳文なのだろうか(;´Д`)
なんか文章が頭の中を素通りしている感が…。
ついでにレンダスキルもないのでメモリエラー→ポーザー再起動連発である。
このままでは先に進まないのでライトノードの「皮膚」が使ってくださいといわんばかりの名前だったので、それでお茶を濁してみた。
マテリアルルームもっと広ければなあ。

まあそれなりに皮膚っぽい質感にはなった気がする(前よりは)。

 数珠つなぎになった数値演算ノードみたいなのを紐解いていってどういう意味でこうなっているのか調べてみるのも楽しそうではあるので、時々は研究したいところ。覚えた端から忘れそうだけど...。
ところで4000x4000のテクスチャ使ったV4キャラってまともにレンダできた記憶が無いのだけど、6以前のポーザーでレンダリング出来てる人ってどれだけメモリ積んでるのだろう。。(^^;
P6で安定してるし移行も面倒なのだけどP7へのアップグレードもそろそろ考えないとなあ。

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

すっぴんテクスチャー

 サルサさんのAlphaでとりあえずノーメイクのテクスチャを作ってみた。
すっぴんってエロ本があった気がする。エロじゃなかったかも。

 髪は作る予定の髪とは結構違うのだけど試しにSassyHairを被せてみた。
外人の肌は肌理が粗いようなので大幅にレタッチ。眉もシェイプしてみた。
肌スベスベしすぎて、フォトリアルな感じが失われてしまったがまあいいか。あんまりフォトリアルなキャラじゃないし。
マテリアルは更にかなりいじる必要がありそう。あまり得意分野ではないのでどうしたものか。。(^^;

 レンダしてみて思ったが、Aikoでいそうなキャラになってしまった気がする(ノ∀`)
なんというか幼すぎたかもしれない。外人から見ると日本人は若くみえるらしいが、日本人の自分から見ても幼い感じがする。おそらくヌードのプロモ画像は間違いなくNGだろう。メイクで化けないかナァ(;´Д`)
この手のキャラクターをV4のユーザーが求めているか恐ろしく不安である。

 リソースを使ってのテクスチャ作りはまだコツが飲み込めていないが、バンプを同じように変形させたり、別テクスチャの胴体、腕を全く同じように色調補正しないといけないのでPhotoshopのアクションのような自動化ファイルを作っておくと良いかもしれない。
 今回はAlphaだけでやってみようと思うが、
リソースによって眉がレイヤー化されてたり、かなり便利そうなのがレンダロで売ってるのだけど、どんなもんだろう。
他のフィギュアも含めリソースはAlphaしか持ってないのだがこれ、改変して販売OKという以外は(無料配布はNGらしい)、普通のテクスチャと一緒だもんなあ(^^;
 Alphaはノーマル状態でV4に貼ってみて、どこかでみたことがあるなあと思ったら3DユニバースさんのTEEN V4がリソースに使っていた。
結構出所がバレるものなのかもしれない。

 リソースはまだまだV4用は種類が少ないようだが、キャラのリリースペースは物凄いので人気のあるリソースはかなり使い廻されてるんだろうなあ...。
 名の通ったベンダーさんは3DSKの写真を加工して使ってるみたいだが、3DSKは3ヶ月契約で$54.95かかるので結構考えてしまう。
テクスチャ専門の人やキャラ職人さんだったら充分もとがとれるのだろうけど…。
$24.95の1ヶ月コースもあるのだが1ヶ月って結構あっというまだもんな~
なんか焦ってダウンロードにばかり精出してしまいそうなのでもっと余裕が欲しいところである。

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

V4整形中です。

次のプロダクトは髪にするつもりであったが、思うところあってV4用キャラクターも付けることにした。
 作家色出すために特定のジャンルにこだわるのもよいのかもしれないのだけど、自分が何が得意なのか(苦手なものは色々わかったが(^^;)、まだよくわからない新米ベンダーなので、色々やってみようというわけである。
 V4キャラは毎日鬼のような数のリリースがあるし、そんなところに駆け出しの無名ベンダーがノコノコ参入しても惨敗するのは目にみえているような気もするが…あたって砕けろである。
 マーケットに並んでいるV4キャラはコッテリ系というか、割と目鼻立ちのはっきりした顔立ちのキャラクターが多いようなので、日本人ベンダーの特色を生かしてあっさり系、ゲイシャスタイルやチャイナドレスが似合うアジアンビューティーでいこうヽ(`д´;)ノ

 私はどちらかというとダイアル調整よりマグネット整形の方が好みなので全面的にマグネットでいくことにした。
ボディーは面倒だからダイヤル調整でいいかな…(^^;
 V4はV3のクドイ顔に比べるとかなりあっさりしているのでマグネット整形する素材としてはかなりやりやすいと思う。V3が出てるところを引っ込めていく減算式整形キャラが多い気がするがV4は無いところに盛っていく加算式整形キャラが多い印象だろうか。
 今回は、日本人っぽい顔を目指したのでさらにのっぺりさせてしまったが。

 マグネット整形のコツは私が教えて貰いたいぐらいだが、ただひとついえることは細かいところはパラメータ感度を下げて作業しよう!(σ´∀`)σ
ぐらいのものだろうか。そんなこと言われなくてもわかってると言われそうですが(^^;
 あとはV4は目のxyz移動がCR2の記述で隠れているので、あらかじめエディタで該当部分のhiddenを0にしたCR2を用意しておくと良いです。

 チャームポイントに目袋をちょっと出そうと思ったが内蔵モーフのEyesBaggyが気に入らなかったのでhexagonで作ったモーフを仕込んでみた。ソフトセレクションって便利だな~と実感。
V4整形中。

 あとはテクスチャ次第でどうにでもなりそう(良い方にも悪い方にも(^^;))なのでこんなものだろうか。手抜き…もとい効率化の為、テクスチャはリソースを使おうかなあと思う。
手持ちのV4用リソースは3月のDAZセールで購入したSarsaさんのだけだが
なんとかなるとよいなあ。
 整形の方が楽しいので先にしてしまったけど、髪も大変そうだ(;´Д`)
日本人の方向けなプロダクトな気がするので出来ればGWに間に合わせたいが、間に合わせようとおもって間に合った試しがないので…とあきらめムードでんす(ノ∀`)

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

M3用つなぎ修正しました。

単独で読み込んだ場合クラッシュする致命的なバグを修正しました。
お手数ですがもう一度ダウンロードお願いします。
こちら
裾に仕込んだERCが、連動先のフィギュアがシーンに無い場合、自分に連動して永久ループを起こしてしまう。という問題が生じていました。
もしかしたら使用中に強制終了してしまった方、いらっしゃるかもしれません。大変御迷惑をおかけしました。m(__)m

サイトできました。

しばらくお休みしてしまったがやっとサイトが完成。
ここです
 ネットの初心者用タグ辞典見ながらメモ帳で作ったというローテクっぷりなので、とても3DCGのサイトに見えないのが欠点だろうか…(^^;
 工事中のちっこいイメージを作るために工事現場の保安器具をモデラーで作ったりと間違った方向に手間をかけているような気が無きにしもあらず。
スタイルシートも覚えた方がいいのかも。
そのうちホームページビルダーでも買えるといいなあ。
あ、M3用のつなぎも配布してます。
やらないか。

プロフィール

aremar

Author:aremar
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。