スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廻る廻る

テストがあっという間に終わったのでそろそろ販売出来そうな感じです。
Vinceさんがフォーラムで紹介していた回転イメージスクリプトをプロモに使ってみました。

マウスで画像上をドラッグして廻すことが出来ます。
勝手に回るやつはあんまり早いと目が回るので遅めにしたらカクカク?
フレーム数は増やせますが、画像の置き場所は日本のサーバなので重くしたらアカンということでこれでいいやという感じです。
なんだか全然言い忘れていましたがRDNAで現在セール中です。自分のは今のところCookie用のセットが一つしかないですが。(^^;
スポンサーサイト

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

ここ最近作っていたモノ

前回の更新からどえらく間が空いてしまいましたが、相変わらずチンタラとやっています。(^^;
ちょっと前にスチームパンクフェアみたいなことがDAZとRDNAで行われていまして
どうやら、今スチームパンクがちょっと流行ってるんだか、流行ってないんだか、よくわからないけど何かその手の映画でもやってるんだろうか。ここはいっちょあやかってみましょうかと安易な感じで始めたんですが。
あまりにも作業がノロすぎて全然あやかれなかった…みたいな感じになってしまいました。

私が作ったのは蒸気で動くMichael4用のヨロイというなんか微妙にアレな代物なのですが、
元ネタはシャイニングフォースというメガドライブ(笑)のソフトの中では比較的メジャーなタイトルのゲームでして
ゲームの方はよりイージーなファイヤーエンブレムみたいな感じですが、続編がいろいろなハードでいろいろと出ているみたいですのでご存じの方もいらっしゃると思います。
それの一作目(その前に3Dダンジョンもののシャイニング&ダクネスというのがありましたがシリーズにいれていいものやら。)にガンツという名前のアルマジロみたいな生き物がスチームナイトという職業で出てくるのですが
それがまあ元ネタと言えば元ネタな気がします。

長く引っ張ったわりに曖昧でしょうがないですが、タクティクス画面の16x16ドット(適当)の絵と戦闘シーンの後ろ姿を朧気に記憶してるだけなので参考にしたくてもしようがない?マニュアルにイラストが載っていたので家の中を探せばどこかにある筈なのですが…。
そんな感じで鎧のデザインはパワードスーツ風味がちょっと濃いめな代物になりました。

蒸気鎧。立ち

まあなんというかサンライズのロボットアニメとかSF3Dとかハインラインの宇宙の戦士の表紙のアレとか、そういうものに影響を受けた30代がしがちなデザインでしょうかね(^^;
胸に取っ手があると結構、ボトムズ臭くなりますね。記号のようなものでしょうか。
スチームパンクというと時代背景が19世紀とか20世紀初頭とかそんなもん(?)でしょうから未来的にならないようにするのに結構苦労したような気がします。

蒸気鎧。うしろ

後ろ姿はこのような感じです。
ちなみにリベットはディスプレイスメントマップを使っています。

今回思い知ったことは、デザインの段階で細部まで詰めずにモデリングを始めてしまうと、
航海図を持たずに船出するようなもんで、どえらい苦労するというか鬼のように時間がかかってしまうということでしょうか。
それからパーツ数が多くてなかなか全体のポリゴン数を把握できず最初にモデリングを終了した段階で20万ポリゴンを余裕で超えてしまって、泣きながらポリゴンを削りました。それでもまだ10万を超えてますが(;´Д`)

あとちょっとつらいのはデザイン優先しすぎて可動範囲がかなり苦しいことでしょうか。
ハッチは顔と上部と前部が開くようになっています。

蒸気鎧。こんにちは

FREAK4の身体合わせて作ったので結構余裕があり、M4のままだと服を着ながら装着できるかも。
(各FBM用フィットモーフはありません。)
そんな感じであとは一番嫌な作業であるリードミーを書くぐらいなのでもちょっとしたらテストに出す予定です。

どうも自分は基本的に新しいことをやりたがってしまうみたいなのですが、もうちょっと自分の得意分野を見つけて、それに専念しようかなあと思います。
最初から(ってベンダー始めて随分たってしまいましたが)あんまりあれこれやっても固定客がつきにくい気がしますし、なによりあんまり身につかない?効率もなかなか上がらないですし。このままでは器用貧乏コースを歩みそうです。(^^;
私も客の立場で考えると、あれこれやってる人より、この分野はこの人的なベンダーさんの物を買っているような気がする…。
あー、でも背景セット的なものもやってみたいんだよなあ…



テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

おしらせ:DAZとpwToon用のプリセットの配布。

前々回の記事で書いたDAZStudioとpwTOON用のMaterialセットですが
規定によりUpdateに新しいファイルを加えられないため、RDNAのFreebiesコーナーで配布させていただく形になりました。
RDNAのFreebiesはちょっと場所がわかりにくいかもしれません。
Forum→Freebies(上の横に並んでいるとこ)→Product Add-Onsにあります。(要ログイン)
必要な方はどうぞ~

近況ですが、システムHDDがまたもやお亡くなりになりそうです。
一度、PCが突然クラッシュしてからというもの毎日のようにバッドセクタが増えていきます。
はやく交換しなくては…。
うーん部屋にクーラー無いからなあ(貧)
なんだか最近のHDDって寿命が短いような気がしないでもありません。
たまたま外れだったのかもしれませんが…。
システムディスクは頻繁にアクセスするので特に寿命が短いと思いますが、ついつい大事なものをこのドライブに保存してしまいます。
これはマイドキュメントがCドライブにあるせいなんですがマイドキュメント自体別のドライブに移動しようかな(^^;
バックアップがDVDRに収まるぐらいコンパクトなシステム構成にしておけばいろいろ便利だったり安心だったりしそうですがブルーレイじゃないとおそらく無理でしょう…


この手のリカバリーが恒例行事になったらいやだなあと思いました。

おしらせ:P8バグへの対応。

RDNAのサポートフォーラムでもお知らせしたのですが(ここ)
多分日本の方は御覧にならない方もいらっしゃるだろうし、(自分もDAZとかレンダロ等のサポート系フォーラムは殆ど見ません(^^;)ブログでもお知らせいたします。

P8でトゥーンノードを使ってレンダリングした場合、致命的なバグがありまして
自分の今回の製品に付属しているマテリアルシェーダーを適用した場合まともにレンダリング出来ません。
 Smithmicroのサポートに報告したのですが、一回目は
「こちらでそのバグは再現出来ません。あんたのPC環境を詳しく教えて下さいネ(ハート)」
となんだかレアケース扱いしているような返事が返ってきたので、2回目で標準フィギュアを使ったPZ3をアップロードしましたらようやく「開発者に報告しますわ」的な返事が来ました。
もっと頑張れサポートの人?(自分の英語での伝達能力を棚に上げているような気もしないでもないですが。(^^;))
本来はP8側のバグなので素直にUpdateを待った方が良いのですが、いつになるかわからないし、
いろいろ調べたところToonのLineWidthの値を0にしとけば発生しないみたいですので、自分の方で暫定的なFixを作成しました。(Fixといってもこちらのブツに不具合があったわけではないのですが(^^;))
全部手作業で数値を直すのもちょっと大変ですのでINASOFTさんの複数行置換というフリーソフトを使いましたらあっという間でした。

パラメータを変えたのでレンダ結果はどの程度差異がでるかなと思って比較してみました。
P8バグとその比較
どういうポーズなんでしょうねこれは。雨乞いダンス?じゃ*な*く*て(^^;
見た所、fixしたファイルとP7レンダーに違いはなさそうです。
それにしてもP8のバギーなレンダ、こういう迷彩パターンがあったと思いますがなんだっけ(脱線

ちなみにP4レンダーでレンダリングしても殆ど同じだったりします。(デフォ設定にアンチエイリアスON)
P8ではP4レンダーそのものが消えてしまいましたが、うーんあれはあれで使い道がいろいろとあったのになあ。

あ、それからP8にはpz2の拡張子がPZ2と大文字の場合読み込めないバグもありまして、そちらも修正しています。

そういうわけでこちらの暫定的なfixファイルですが、大変お手数ですがメールをいただいたら送らせていただく形にさせていただいております。
文面を書く暇が無い方は「vashti P8 bug」(件名もこれで大丈夫です)とだけ書いていただければ添付して返信します。
誰だか知られたくない場合は捨てメアドなんかでも大丈夫です。
ただ、2メガバイト近くありますのでメール容量にある程度余裕が必要ですが。
こちらのメールアドレスですが製品のリードミーに書いているアドレスにお願いいたします。

そんなわけでちょっとお手間をとらせていただく対応になってしまいましたが、どうかひとつよろしくお願いします。

テーマ : Poser
ジャンル : 趣味・実用

pwToonに挑戦してみた。

チャレンジブルだったわけではなくて、D|Sユーザーさんからの要望が結構あったので
pwToonに挑戦せざるを得なくなりました。
ちなみに自分はいままでパワートゥーンと読んでしまっていたんですが
よく考えたらpwはPoserWorksの略ですよね。(^^;A
使用感ですが、分かりやすいhtmlマニュアルがついていたおかげもあって、思ったよりも全然使いやすかったです。
作業はエアブラシレッドを適用してそこから作っていくような感じでした。(似た材質は勿論コピペ→調整で)
ポーザーのシェーダーがモジュラーシンセならpwToonはシンプルな減算シンセのような感じでしょうか(よくわからん喩え…)
まあToon限定に特化させたシェーダーなのでシンプルなのは当然なのですが。

当初はアニメ寄りな表現が頭にあったのですが、ちょいと私の腕では無理っぽかったので
マンガ家さんが描かれるカラーイラストのようなテイストに路線変更しました。


pwToonなヴァシュティさん

微妙な(笑)ポーズ
うーんどんなもんでしょう。(^^;

それからどうもPoser8でトーゥンノードにバグがあるみたいで、確認のために必要に迫られて買いました。(うう現在マネー欠乏症なのですが(^^;)
混雑のピークは去ったみたいで結構ダウンロードは早いです。
あ、ちなみに日本語版7の人も手持ちのシリアルでUpdate版買えますよ~
ついでに購入時に勝手にExtended Download Serviceというのがカートに放りこまれるのですが
これは買わなくて良いようです。(自分でちゃんとバックアップをとれば良いので)
私はカートから削除して問題無しでした。
プロフィール

aremar

Author:aremar
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。